電話アイコン
メールアイコン

インタビュー

INTERVIEW

Y.Yamada

スタッフ写真
  • 入社のきっかけ

    Q1:LotusLinkへの入社のきっかけはなんでしたか?

    Q1:LotusLinkの社名・理念に込めた想い

    そもそも転職の理由は子供が出来て、将来を考えたときに、自分の社会的ステータスや収入面のこと。
    自分の能力を見つめ直したときに、営業職、というものに挑戦してみたい、と思ったことがきっかけでした。
    不動産に限らず、営業職にて6社面接をして頂いた中で、このLotusLinkが最も自分が活躍できる場所が作れる、作ってもらえる、と感じて、入社を決めました。
    LotusLinkの面接が一番最後の面接で、給与などの条件で言えば、他に内定を貰っていた5社の中では正直低かったです。それでもここで働きたい、と思わせてくれたことに感謝しかありません。
    決め手は風通しの良さそうな感じとレスポンスの速さ、面接官の発想の柔軟さとトークの上手さから見える営業力の高さ、将来も含めたビジョンなど・・・
    どれというよりは全体的に自身のイメージしていた会社にマッチしていた、というのが理由です。

  • Q2:LotusLinkはあなたからみて、どんな会社ですか?

    Q2:LotusLinkの今後のビジョン・展開

    風邪通しが良く、全員に平等ではなく、頑張っている分だけ平等にチャンスが貰える、良い意味でベンチャーらしい会社です。
    成長したい人、上に登りたい人、世の中の役に立ちながらもしっかりと稼ぎたい人には、非常に魅力的な会社だと思います。
    どんなタイミングで入社しても、結果だけでなく、過程も評価してくれて、下の人間の発信でも真剣に受け取ってくれる上層部がいる。教育もベンチャーなのに、OJTだけでなく、座学もしっかりやってくれて、知識やトップ営業マンのテクニックも秘匿しない。
    不動産仲介の会社のイメージを根底から覆してくれる会社だと思います。

    スタッフ写真
  • スタッフ写真

    Q3:未来の後輩に向けて一言お願いします!

    自分の長所は武器なのはみんな知っている。でも実は弱点も武器になる。
    それは弱点に気付かせてくれる、補ってくれる、成長させてくれる仲間がいてこそ。
    完全システマチックな大手企業や、数字だけに固執しているベンチャーでは、中々こういった環境はないと思います。
    勿論、入社してくれたら長くこの会社にいて欲しいとは思いますが、離職率が0%の会社なんてむしろ不健全だと考えています。
    何かのタイミングで転職することになったとしても、営業マンとして、社会人として、人として成長して次のステップに繋がる、成長のチャンスを必ず用意しています。チャンスはどこにでもありますが、それを見逃すのか掴むのかは本人次第。
    チャンスを見つけた時は見逃さず、是非自分自身で掴み取って欲しいと思います。