電話アイコン
メールアイコン

ブログ

blog

2021.07.31FIRE(早期リタイア)達成のために不動産投資をするメリット

ここ1年ほどで、急激に注目を集めているFIRE(Financial Independence, Retire Early)という言葉をご存知でしょうか。
FIREとは、「経済的な自立を実現させ、仕事を早期に退職する生活スタイル」のことです。
もともとは、アメリカのミレニアル世代(2000年以降に成人を迎えた世代)を中心に広がった言葉ですがコロナ禍の不安から金融への関心が高まったこともあり日本でも話題になっています。
ここ数年で実際にアメリカでFIREを実現された方の本や、日本在住30代でFIREを達成された方の書籍が発売されベストセラーになっています。

労働をすることなく、継続して安定的な収入を得られるFIRE(早期リタイア)。
ロバート・キヨサキ氏の著書『金持ち父さん貧乏父さん』の、「不労所得が生活支出を上回れば、サラリーマン労働をせずに生きられる」という考え方と同じです。
FIREを達成するためには、投資が不可欠。

この記事を読むことで

・FIREやセミリタイアを達成するための方法がわかる

・投資方法として不動産投資を選ぶことのメリットが理解できる

・不動産投資の具体的な流れがわかる

ぜひ、ご自身の不労所得を得るための参考にしてみてください。

FIREを達成するにはいくら必要?

日本経済新聞の記事によると、35歳単身でFIREする場合に必要なのは約1億2000万円。

日本経済新聞:投資の目的は早期リタイア 若年層にじわり拡大中

仮に25歳から、10年で達成すると仮定してシンプルに貯金だけだと毎月100万円必要な計算です。

そんなの絶対に無理ですね。
普通の会社員には到底難しい金額です。
そもそも、そんなに稼げる会社なら辞めないと思います。

では、実際に達成した方々はどのようにして資産を形成したのか?

答えは投資です。

株式投資では複利の力を利用して、資産を形成していました。

10年間で1億2000万円貯めるために、仮に年利4%で10年運用する場合毎月必要な金額は8万円です。

ぐっと現実的な金額になりましたね。

しかし、リバランシングしながら毎月コツコツ8万円分の株式を10年間買い続けるのもなかなか根性が要ります。

株式投資だけでFIREを達成するには強い意志と忍耐力が必要になりますね。

FIREするために必要な金額1億2000万円。

この金額は退職後、配当での収入が月40万円の計算です。
不動産投資でその金額を収入として得るにはどうすれば良いのか?

続けて、不動産投資をする場合を見ていきましょう。

不動産投資の流れ

不動産投資で利益を出す方法は、大きくわけて2つあります。

売却益(キャピタルゲイン)

家や土地を購入し、買った金額よりも高額で売却し売却益を得る方法。

こちらは初心者にはなかなか難しいです。

・家賃収入(インカムゲイン)

①銀行から融資を受ける

②物件を購入

③入居者に貸す

④家賃が入る・家賃から銀行に返済

⑤諸費用を払う

⑥手残り(収入)

こちらの方法が会社員の不労所得向けと言えます。

不動産投資のメリット3選

まず、FIREを達成するには投資が不可欠ということはおわかりいただけたと思います。

そのうえで、大きく分けて株式投資か不動産投資。

不動産投資のメリットを見ていきましょう。

1. 融資が受けられる

株式投資をするには種銭(自己資金)が必要になります。

株式投資のために、銀行からお金を借りることはできないのです。

自分でお金を貯めて、自分の財布からお金を出さなければならないのですね。

一方、不動産投資の場合、不動産事業として銀行から融資を受けられます。

それの何がメリットかというと、例えば1000万円の物件を購入する場合。銀行からの融資で購入、ローン返済を毎月の家賃収入から支払うことで自分の財布からお金を払う必要がありません。

そしてもうひとつ、融資が受けられることで「レバレッジ」が効かせられます。

不動産投資における「レバレッジ」とは、ローンの活用で自己資金以上に高額な物件を取得して家賃収入を得ることです。
自己資金5000万円用意したうえで、5000万円の融資を受けて1億円の物件を購入することができます。
(わかりやすく表現しています。)

すべて自己資金で投資をしようと思うと10年かかってしまうところ、融資を受けて不動産投資をすることでFIRE達成までの道のりが短縮できます。

ローンや融資と聞くと、なんとなく怖い!と思って避けてしまいますが、そもそも利益の出ないであろう物件購入には銀行も融資を出しません。

銀行から融資を受けられる物件ということは、ある程度利益が出て返済が見込める物件だということです。
なので、物件選びが何よりも重要です。

そして、銀行から融資を受けるためには返済できるという信用が必要ですのでそれなりの信用がある会社員でないと難しいです。

2. 不動産は資産として安定している

株式などの金融商品に比べ、家賃相場の変動は小さいです。

さらに、コロナショックなど予期せぬ事態による不況の影響も受けにくい。

天災などが起きた場合も、保険である程度カバーできるので株式の暴落のリスクと比べると安心。

3. インフレに強い

不動産を持っていると、現金だけで資産を持つよりも安心です。

なぜなら、経済がインフレになると物価は上昇。
それに伴い現金や預貯金の価値は下落します。

しかし、不動産投資で入居者から得られる家賃自体は、緩やかではありますが物価指数と共に上昇していきます。

そして、インフレ時はお金の価値が下がりますので、銀行から受けた融資(実質的な借金)が目減りすることになります。

まとめ

FIRE達成の道のりと合わせて不動産投資のメリットをご紹介しました。

株式投資と不動産投資を組み合わせることで、FIRE達成に早く近づくことができるでしょう。

不動産投資は株式や投資信託に比べてメリットも多いですが、不動産に関する専門的な知識は必要になるので専門家などに相談し慎重に行いましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品への投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します